ネイリストの面接試験

ネイリスト求人からネイルサロンやネイリストが働くための施設に応募した後に、
準備することは何かと不安に思っている人もいることでしょう。
就職試験は人生を左右する一大事です。
ネイリストは働く職場によって給料も人間関係も大きく変わってしまいますから、
なるべく第一志望の職場に勤めたいですよね。
今回は、ネイリストの面接試験で気を付けたいポイントについて詳しく見ていきましょう。

最初に注意したいことは、ネイリストは接客業であるという事実をきちんと認識するというものです。
ネイルアートが大好き、一日中ネイルを触っていても飽きないという思いからネイリストを目指した方も多いと思います。
しかし現実はネイルに触るだけでお金がもらえることはありません。
必ずネイルを施すお客が存在し、皆さんの収入の糧となっているのです。

ネイルサロンなどの接客を重視するタイプの職場では、ネイルの技術だけではなく接客業をやっていける人材なのかを見極めています。
ハキハキと受け答えするのはもちろんのこと、清潔な身だしなみや女性であればメイクを心掛けましょう。
個性をアピールしたいからといってお客を不快にさせてしまうような服装の人は、ネイリストとして雇ってもらうのは難しいのです。
ネイリストは技術がものをいう職業ですから経験者や資格取得者が優遇されることも少なくありません。
お見せとしてはなるべく即戦力が欲しいわけですから、
ネイルスクールで何を学んだのかという問いに対して自分なりの考えをきちんと述べられるだけでなく、その成果を披露出来る人材を欲しています。

ネイルサロンなどでの面接において、作成したネイルチップを持ってきて欲しいと言われた場合は自信作を持ち寄りましょう。
ネイルチップを見せる際には、ネイルを丁寧に扱っているかも評価されています。
自分が作成したものといえど、ネイルをポケットに入れて持ち運ぶといった雑な態度の人は
、就職してからもそのような姿勢で仕事をすると思われる可能性があるので気を付けましょう。
その他にも、皆さんのセンスをチェックする意味であえて私服で面接に来るように言い渡すネイルサロンも存在します。

そのときは、先に述べたように清潔感を維持しながらもさりげなく
個性をアピール出来るようなアイテムを組み合わせていきましょう。
ネイルの技術をスタッフの前で実際に披露することも少なくありません。
ポリッシュやジェルネイル、スカルプチュアなどネイリストであれば
最低限出来て欲しい技術についてあらかじめ伝えられていることもありますが、
その場で面接官の要望に応えてネイルを施すというタイプの実技試験も見られます。
緊張しすぎることなく、ネイルと真摯に向き合って面接に臨みましょう。

ネイリストの働き方に関する記事「そろそろ転職?それとも独立?ネイリストのキャリアアップとは? | Nailist job

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA