ネイルスクール講師という働き方

ネイリストとはネイルをお客に施すだけが仕事ではありません。
ネイルの技術を後世に伝えていくために、ネイルスクールの講師として働くこともまた可能なのです。
ネイリスト求人に載ることは少ない狭き門ではありますが、
ネイルスクール講師という職業は多くのネイリストを養成出来るというやりがいがあります。
今回はネイルスクール講師になる方法や講師として働くうえでの心構えについて詳しく見ていきましょう。

ネイルスクールの講師は、ネイリスト同様に必ず資格が無くてはいけないという職業ではありません。
ネイルに関する知識があり、それを受講生に教えられればネイルスクールの講師の仕事を務めることが出来ます。
ただし、ネイリスト以上に資格の有無が給与や勤務可能なスクールの幅を変えてしまうといえます。
ネイルスクール講師にとって最も重要な資格は、「JNA認定講師」という資格です。
日本ネイリスト協会が認定したこの資格は、非常に厳しい条件を突破しなければ取得することが出来ません。
具体的には、ネイリスト技能検定というプロのネイリストでも取得が難しい検定に合格していることや、
実際にネイリストとしての活動実績があるというものです。

こうした条件と厳しい試験をクリアした人に飲み与えられるJNA認定講師の資格は、
幅広いネイルスクールで講師をする際に役立ちます。
この資格を持っていることが募集要項に書かれていることもあるので、
ネイルスクール講師を目指す方はまずこちらの取得を目指すのも良いでしょう。
講師の働き方としては、自分もネイリストとして働きながら講師の職も両立する、
スクールの講師に専念する、フリーランスの講師として複数のネイルスクールで教鞭をといった多様性が見受けられます。

ネイリストとしての実力を認められているほど、講師としても採用してもらいやすくなるので、
ネイリスト経験を積んでからJNA認定校氏の資格を取得し、講師としての働き口を探すという人も少なくないのです。
ネイリスト講師の中には、ネイルアートのコンテストに積極的に参加する人もいます。
こういった実績があるほど、講師を雇う側のスクールとしては魅力的に見えるのです。
ネイリストと同様に、講師がスクールから独立することも可能です。

いわゆるプライベートスクールという形で少人数の生徒を教えるネイルスクールを立ち上げるのです。
JNAの認定校になるほど施設を揃えるのは難しいかもしれませんが、
講師として実績を積んでいれば生徒はやってきますし、雇われの身分よりも収入が高くなることもあります。
ネイルアートの技術を活かした仕事はネイリストだけではないということを覚えておきましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA