未分類

ネイリストとカウンセリング

ネイリストはお客とどれだけ向き合えるかによって評価が決まるといっても過言ではありません。
ネイルサロンのようにお客と一対一で対面する際には、カウンセリングの時間が設けられることがあります。
ネイリスト求人から仕事を探したいと考えている人は、
カウンセリングにおいてお客からネイルに関する好みをはじめとした様々な情報を引き出すテクニックを学んでおきましょう。

カウンセリングで大切なことは、ネイルに関する正しい情報をお客に伝えることです。
ネイルアートを施すことで爪にアクシデントが起きる恐れがあるなら、それをここでお客に話す義務があります。
それに納得してもらったら、いよいよネイルアートに関する本格的な相談に移りましょう。
人間にはそれぞれ自分の好みに合った色やデザインが存在します。
ネイリストはお客からそれを聞きだしたうえで、ネイルアートを施すわけですが、
全てお客の言いなりになってしまうのであればネイリストの個性を発揮することが出来ません。

そのため、お客から聞き出した好みを自分なりの形に表現することがネイリストの仕事ともいえるのです。
好みと個性だけで仕事が終われば良いのですが、現実にはTPOというものが存在します。
お客が今から施すネイルを携えてどこに出掛けるのかを聞き出しておくと、さらにバランスの取れたデザインに近づくのです。
例えば、結婚式に参加する人がお客になった際には、縁起が悪いとされる黒のポリッシュやジェルネイルは避けるべきです。

主役である花嫁よりも華美なネイルは相応しいといえませんから、シンプルなデザインを心掛けるのがネイリストとしての気遣いです。
突然のお葬式があるけれど、どのようなネイルにしたら良いかわからないというお客が来た際には、
ネイルを塗り直すよりも落として素の爪をケアした方が良い印象になるという助言をしてあげるのもネイリストの務めといえます。
プライベートとビジネスの2つのシーンで使えるネイルを求めるお客も少なくありません。

普段はシンプルなレッドカラーのポリッシュで済ませながら、
パーティではその上にラメを乗せてみるといった場面ごとにちょっとしたアクセントを加えるだけで
印象がガラリと変わるネイルアートも人気を集めています。
どのようなお客が来るかはときの運ですが、全員がネイリストの経験として蓄積され、
ネイルアートやカウンセリングの技術を向上させてくれるのです。
ネイリスト求人からネイルサロンに就職した人は、カウンセリングの重要性を肝に銘じながら、
お客にピッタリなネイルデザインを提案してあげましょう。

ネイリストなら知っておきたいテクニック

ネイリストは接客業としての一面もありますが、その本質はネイルアートを施す職人です。
ネイリスト求人からネイルサロンやその他の施設で働く際には、様々なテクニックを面接試験で披露することもあります。
今回は、そんなネイリスト志望の方に知っておいていただきたいスキルについて詳しく見ていきましょう。

ネイルアートの施す前に必ずといって良いほど行うのが甘皮のケアです。
やり方は人それぞれですが、基本のステップとしてはまず手指を温めて甘皮を柔らかくするのがおすすめです。
熱したタオルや小さめのボウルにお湯を張るなど、ネイルを施す環境に合わせて温め方を変えてください。
温めた指にキューティクルリムーバーを塗り込み、剥がれやすい状態にします。
そこからプッシャーやウッドスティックで持ち上げて爪と甘皮の間に隙間を作りましょう。

このとき、捲り上げ過ぎて指の皮膚まで剥がしてしまわないように注意してください。
ここまで終わったらリムーバーをタオルで引き取り、余った甘皮をニッパーで切り取ったら終了です。
ニッパーは優しくあてて切るイメージで、強く引っ張るのは控えましょう。
爪の表面にツヤを与えるのもネイルケアにおける重要な工程です。
このとき使うのはバッファーと呼ばれる目の細かいやすりです。
バッファーは大抵の場合目の細かさが違う2面もしくは3面のやすりとなっており、
最初に荒い面で凹凸を削り落とした後、細かな面で表面を均してツヤを与えていくことになります。

ネイルカラーを選ぶときのコツを覚えておくと、将来ネイリストとして働いたときやネイリストに関わる検定の実技試験で重宝します。
ハンドモデルやお客の肌が白く、それを際立たせたいと考えたときは、暖色や寒色のカラーで肌の印象を引き締めましょう。
正統派のスカーレッドは口紅の色と合わせるとセクシーで情熱的な印象を引き立てます。
反対に、パールが混じったブルー系統のポリッシュをシンプルに塗るのも、肌とのコントラストが強調されるのです。

上記の2色にオレンジなどの中間色を交えると、シンプルながらも個性の強いネイルとして印象に残ることでしょう。
ご紹介したようなテクニックはネイリストとして働いているうちに自然に身に着くものもあれば、
意識しないと獲得出来ないこともあるのです。
習慣だからといってただ覚えた作業を繰り返すのではなく、そのスキルに意味はあるのか
、どんな効果を狙っているものなのかを考えながらネイルを施すと、ネイリストとしての経験を無駄にすることなく成長出来ることでしょう。

ネイリスト志望者とハンドモデル

ネイリストを目指す皆さんの中には、JNAやJNECが主催する資格の検定試験を受けようと考えている人も多いと思います。
こうした資格はネイリスト求人の募集要項にも書かれているものですから、ぜひとも取得して就職活動を有利にしたいですよね。
今回は、そんな皆さんに欠かせないハンドモデルについて詳しく見ていきましょう。

ハンドモデルとはネイリストが実際にネイルを施す際にモデルとなってくれる人のことです。
ネイリストに関する資格でも上級のものになると、試験管の前で実技を披露することになります。
そのときネイリストに手を、正確には指を貸してくれるのがハンドモデルです。
ハンドモデルがいなくては試験そのものを受けることが出来ませんし、合格するなどもってのほかです。
ネイリストにとってハンドモデルは欠かせないパートナーであるといえます。
そんなハンドモデルに関する条件としては、ネイリストの事情に理解がある人が望ましいといえます。

ときにはネイリストの友人同士が交代でハンドモデルを務めることもあります。
身体的な条件についてあまりこだわる必要はないのですが、ネイルを施せる程度に爪が伸びていて、
なおかつ爪に傷が付いていない人の方がネイリストにとっては好都合です。
そのため、職業の都合上爪をあまり伸ばせない人や、爪が割れやすい環境に身を置いている人はハンドモデルをするのは難しいといえるでしょう。

ハンドモデルは試験のときだけでなく、日常的にネイリストの練習台を務めてもらうこともあります。
そんなハンドモデルを探す際には、まずは友人などに声をかけることをおすすめします。
友人のハンドモデルが納得するようなネイルを施すことが出来れば、
そこから口コミで噂が広がり、モデルの側から爪を彩って欲しいといわれることもあるからです。
友人がモデルを務めてくれるのであれば、今度ご飯奢るからよろしくといった気軽な形で頼めるでしょうが、
初めて顔を合わせた人にお願いするときは、条件などをきちんと確認したうえで、書面に記録しておくとトラブルが少なくなります。

謝礼についての相場などは決められていませんので、ハンドモデルを務めてくれる人と充分に相談したうえで決定しましょう。
最初に謝礼を渡してしまうと、そのお金を持って逃げられる可能性もあります。
なので、契約の段階で後払いであることを確認し、全ての工程を終えてから感謝の気持ちと共にお金を渡した方が良いでしょう。
ネイルのケアグッズやネイルチップをプレゼントするといった方法でお礼をするのも良いですが、
モデルをしてくれた人が喜ぶかどうかで判断してください。

男性もネイリストになる時代

あらゆる職業において男女の垣根がなくなりつつある昨今、男性がネイリストを目指す姿も見受けられるようになりました。
男性がネイリスト求人を手に取るのは恥ずかしいことでもなんでもありません。
むしろ、これからの時代を先取りする存在として注目を集める可能性もあるのです。
今回はそんな男性ネイリストの需要や男性がネイリストを目指すための方法について詳しく見ていきましょう。

男性がネイリストになることのメリットは、女性には無いセンスや観点からネイルを作成することが可能という点です。
芸術的なセンスはその人が歩んできた人生によって形成されることがしばしばです。
女性と男性では学校生活や友人との付き合い方に差があることは皆さんも異論がないと思います。
その結果として男性独自のセンスが生まれて、様々な業界で活躍しているのです。
一方ネイル業界ではまだまだ男性ネイリストは珍しい存在ですから、
男性がネイリストになることで新しい風が吹く可能性も低くないといえます。

また男性に施術をしてもらいたいというお客の要望に応えるべく、男性ネイリストを欲しているネイルサロンも存在するのです。
お客の需要を満たすことはネイルサロンにおける喫緊の課題ですから、男性ネイリストはその点からも重宝される存在といえます。
男性のお客がネイリストを訪れる機会が増えていることも、男性ネイリストの存在を後押ししています。
なるべく同性に施術をしてもらいたい、男性の指ならではの悩みを相談したいという男性客にとって、男性ネイリストは必要な存在なのです。

需要が高まりつつある男性ネイリストですが実は異業種からの転職組も多く、第二の仕事として始めることは難しくありません。
ネイルスクールや通信講座など、仕事をしながらスキルを獲得出来る環境が整っているのもその要因といえます。
最近では、ネイリストを目指す男性専門のネイルスクールも登場しています。
そこにいるのは当然男性の受講生ばかりです。
同性の仲間たちに囲まれている方が仲間意識は芽生えやすいと考える人もいることでしょう。

男同士の悩みを打ち明け、技術を磨き合う環境は学生時代に戻ったときのように和気あいあいとした雰囲気に溢れています。
新しいステージに挑戦したい、ネイルアートに昔から興味があったなど、
ネイリストになりたいという希望を少しでもお持ちの方はネイルスクールに問い合わせて資料を請求してみることをおすすめします。
ネイルスクールの体験講座を利用する、実際にネイルサロンに客として行ってみるなど、
ネイル業界に関する体験を積み重ねるのも、ネイリストを目指すきっかけの一つになるかもしれません。

ネイリストの面接試験

ネイリスト求人からネイルサロンやネイリストが働くための施設に応募した後に、
準備することは何かと不安に思っている人もいることでしょう。
就職試験は人生を左右する一大事です。
ネイリストは働く職場によって給料も人間関係も大きく変わってしまいますから、
なるべく第一志望の職場に勤めたいですよね。
今回は、ネイリストの面接試験で気を付けたいポイントについて詳しく見ていきましょう。

最初に注意したいことは、ネイリストは接客業であるという事実をきちんと認識するというものです。
ネイルアートが大好き、一日中ネイルを触っていても飽きないという思いからネイリストを目指した方も多いと思います。
しかし現実はネイルに触るだけでお金がもらえることはありません。
必ずネイルを施すお客が存在し、皆さんの収入の糧となっているのです。

ネイルサロンなどの接客を重視するタイプの職場では、ネイルの技術だけではなく接客業をやっていける人材なのかを見極めています。
ハキハキと受け答えするのはもちろんのこと、清潔な身だしなみや女性であればメイクを心掛けましょう。
個性をアピールしたいからといってお客を不快にさせてしまうような服装の人は、ネイリストとして雇ってもらうのは難しいのです。
ネイリストは技術がものをいう職業ですから経験者や資格取得者が優遇されることも少なくありません。
お見せとしてはなるべく即戦力が欲しいわけですから、
ネイルスクールで何を学んだのかという問いに対して自分なりの考えをきちんと述べられるだけでなく、その成果を披露出来る人材を欲しています。

ネイルサロンなどでの面接において、作成したネイルチップを持ってきて欲しいと言われた場合は自信作を持ち寄りましょう。
ネイルチップを見せる際には、ネイルを丁寧に扱っているかも評価されています。
自分が作成したものといえど、ネイルをポケットに入れて持ち運ぶといった雑な態度の人は
、就職してからもそのような姿勢で仕事をすると思われる可能性があるので気を付けましょう。
その他にも、皆さんのセンスをチェックする意味であえて私服で面接に来るように言い渡すネイルサロンも存在します。

そのときは、先に述べたように清潔感を維持しながらもさりげなく
個性をアピール出来るようなアイテムを組み合わせていきましょう。
ネイルの技術をスタッフの前で実際に披露することも少なくありません。
ポリッシュやジェルネイル、スカルプチュアなどネイリストであれば
最低限出来て欲しい技術についてあらかじめ伝えられていることもありますが、
その場で面接官の要望に応えてネイルを施すというタイプの実技試験も見られます。
緊張しすぎることなく、ネイルと真摯に向き合って面接に臨みましょう。

ネイリストの働き方に関する記事「そろそろ転職?それとも独立?ネイリストのキャリアアップとは? | Nailist job

ネイルスクール講師という働き方

ネイリストとはネイルをお客に施すだけが仕事ではありません。
ネイルの技術を後世に伝えていくために、ネイルスクールの講師として働くこともまた可能なのです。
ネイリスト求人に載ることは少ない狭き門ではありますが、
ネイルスクール講師という職業は多くのネイリストを養成出来るというやりがいがあります。
今回はネイルスクール講師になる方法や講師として働くうえでの心構えについて詳しく見ていきましょう。

ネイルスクールの講師は、ネイリスト同様に必ず資格が無くてはいけないという職業ではありません。
ネイルに関する知識があり、それを受講生に教えられればネイルスクールの講師の仕事を務めることが出来ます。
ただし、ネイリスト以上に資格の有無が給与や勤務可能なスクールの幅を変えてしまうといえます。
ネイルスクール講師にとって最も重要な資格は、「JNA認定講師」という資格です。
日本ネイリスト協会が認定したこの資格は、非常に厳しい条件を突破しなければ取得することが出来ません。
具体的には、ネイリスト技能検定というプロのネイリストでも取得が難しい検定に合格していることや、
実際にネイリストとしての活動実績があるというものです。

こうした条件と厳しい試験をクリアした人に飲み与えられるJNA認定講師の資格は、
幅広いネイルスクールで講師をする際に役立ちます。
この資格を持っていることが募集要項に書かれていることもあるので、
ネイルスクール講師を目指す方はまずこちらの取得を目指すのも良いでしょう。
講師の働き方としては、自分もネイリストとして働きながら講師の職も両立する、
スクールの講師に専念する、フリーランスの講師として複数のネイルスクールで教鞭をといった多様性が見受けられます。

ネイリストとしての実力を認められているほど、講師としても採用してもらいやすくなるので、
ネイリスト経験を積んでからJNA認定校氏の資格を取得し、講師としての働き口を探すという人も少なくないのです。
ネイリスト講師の中には、ネイルアートのコンテストに積極的に参加する人もいます。
こういった実績があるほど、講師を雇う側のスクールとしては魅力的に見えるのです。
ネイリストと同様に、講師がスクールから独立することも可能です。

いわゆるプライベートスクールという形で少人数の生徒を教えるネイルスクールを立ち上げるのです。
JNAの認定校になるほど施設を揃えるのは難しいかもしれませんが、
講師として実績を積んでいれば生徒はやってきますし、雇われの身分よりも収入が高くなることもあります。
ネイルアートの技術を活かした仕事はネイリストだけではないということを覚えておきましょう。

ネイリストとして成長していくために

日々精進という言葉を口にするのは簡単ですが、それを実行するのは非常に大変なことです。
ネイリスト求人を参考にしてネイリストの職を得た瞬間から、皆さんは他のネイリストと比べられる立場に身を置くことになります。
同じお店で働くネイリストは仲間であると同時に最も身近なライバルなのです。
今回は、ネイリストとして高い評価を得られるように成長していくための秘訣について詳しく見ていきましょう。

最初のポイントとしては、とにもかくにも努力する習慣をつけることです。
ネイリストはお客から指定されたデザインを綺麗に施すという作業が基本になります。
その作業を手早く終えられれば次のお客に映ることが出来る、すなわち仕事が早いと認識してもらえるのです。
ただし、雑になってしまったりお客をなおざりにしてしまったりすることは許されません。
あくまで作業は素早く、接客は真摯にという気持ちを忘れずにお客と向き合うのがネイリストとしての正しい姿です。

とはいえ、接客に集中するためにも技術が高いのに越したことはありません。
お店での仕事が終わった後に居残りでネイルの練習をする、
帰宅後や出勤前の短い時間をみつけて手早く作業するコツを掴むといった小さな努力が皆さんのスキルを向上させるのです。
毎日続けられる自信がないという人は毎日のルーティンに組み込み、記録を取ってみましょう。
寝る前の30分だけ練習し、その成果をSNSにアップするというのも良いでしょう。
誰かに見てもらうことはモチベーションの維持にも繋がりますし、努力によって自分が成長していく記録にもなるのです。

ネイル技術の向上だけでなく、ネイルに関する最新情報を常に集めることもネイリストとして成長するのに欠かせません。
ネットや雑誌といった誰でも見られる媒体から得るのも良いですが、
知り合いのネイリストと情報を交換したり、通っていたスクールに顔を出したりして
講師や旧友とネイルに関する話題で盛り上がるのも新しい情報を獲得する機会といえます。
ネイルスクールはネイリストになる前に通う場所と思われがちですが、
ネイリストとして働いている人でも上級の資格試験の勉強や、最新のネイル技術をチェックするために受講しても問題ないのです。
ネイルのトレンドを常に気にすることは、お客に新しいネイルを提供するというネイリストの仕事のうちでもあります。
技術を研鑽し、流行に敏感な態度で毎日を過ごすのは大変かもしれません。
ネイリストとしての成功のハードルは人によって異なりますが、それを乗り越えるには地道な努力が欠かせないのです。